脱毛サロンの4つのデメリット?

今や巷で大人気の脱毛サロンですが、どんなものにもデメリットは存在します。そこで、脱毛サロンにはどの様なデメリットがあるのか検討してみましょう。

 

お金が掛かってしまう

どの脱毛サロンに通うにしても、当然施術の代金は掛かります。

 

通い続けるのが面倒

特に脱毛サロンの店舗数の少ない、地方在住の方には、定期的に通い続けることが負担になってしまう場合もあります。

 

痛みが心配

どんな脱毛方法をチョイスしても、全く痛みが無い、という事は無いのです。

 

施術されるのが恥ずかしい

特にVIOラインの脱毛等、部位によっては恥ずかしく感じてしまう場合もあります。

 

以上4点のデメリットを挙げましたが、それでは今度は、上記デメリットが、実際にはどの程度の負担になり得るのか、一つずつ検討して行きましょう。

 

1の「お金が掛かってしまう」については、ご自身で日常的にカミソリで処理をし続けた場合と比較してみましょう。
カミソリによる自己処理の場合、カミソリ代は1ヶ月で500円程度掛かってしまいます。これは、1年間で6000円、30年間で18万円掛かると言うという計算になります。更に自己処理の手間も掛かります。こうして考えてみると、長いスパンて見れば脱毛サロンを利用した方が安く済むのではないでしょうか?

 

次に2の「通い続けるのが面倒。」という点についてです。
確かに脱毛サロンに通い続けるのは、やや面倒に感じられるかもしれません。しかしながら、1ヶ月に1回程サロンに通う「負担」はそれほど大きなものでしょうか。家に近い店舗を選び、或いは、会社帰り立ち寄れる店舗にすれば、スケジュール調整の面から言っても大した負担にはなりません。

 

3の「痛みが心配。」という点については、ご自身が施術を受ける予定の脱毛サロンで詳しく相談してみましょう。
最近の脱毛エステサロンは、サービスも非常に充実しています。サロンによって、しっかり冷却してから施術をする、或いは、レーザーの照射出力を弱くする等の様々な方法で痛み対策をしてくれます。ご自身が痛みに弱い旨をきちんとサロン側に伝えておけば、痛みについての不安なく、施術を受ける事が出来ます。

 

そして最後のポイント、「4.施術されるのが恥ずかしい。」については、主観的な問題ですから、ある意味どうしようもない部分もあります。しかしながら、VIOラインは非常にプライベートな部分であり、ご自身が見せる相手も相当限られて来ます。むしろその「限られた相手」に、キチンとしたお手入れをしないまま見られる事の方が、余程恥ずかしいと言えるでしょう。

 

どんなに「良いもの」「良いサービス」にも、メリットがある反面、必ずデメリットは存在します。大切なのは、そのメリットとデメリットをきちんと比較検討し、悔いの残らないように選択する事なのです。